メディカル控除の受け方とは

メディカル控除は医療費控除より敷居が低い

メディカル控除とは、セルフメディケーション税制のこと

医療費控除とは、一年間に支払った医療費から10万円を引いた差額分が対象になります。 ですので、最低でも10万円以上の医療費がかかっていないと控除の対象にはなりません。しかし通常の生活を送っていれば、10万円以上の医療費を支払うということはそうそうありませんので、大抵の方は対象外となります。

医療費控除の対象となるもの

セルフメディケーション税制とは、医療費控除の特例として扱われている新しい控除制度になります。
医療費控除は基本的に治療費や通院費入院費などが対象で、その金額も10万円以上とかなり高額であるのに対し、セルフメディケーション税制は、薬局などで売られている風邪薬などの医薬品が対象で、金額も12000円以上となっており、かなり現実的な数字で一般に受けいれられやすい控除となります。
控除の受け方は医療費控除と同じく確定申告になります。このセルフメディケーション税制は、医療費控除の新しい形として期限付きで施行されています。医療費控除は期間も設けられていないので、申請すればいつまでも受けられますが、このセルフメディケーションは期間に注意して申請する必要があります。
しかし、今までは10万円を越さなければ控除を受けられなかったものが、12000円を超せば受けられるというのは非常に助かりますよね。医療費控除と大きく異なる点は、検診や予防接種などを受けることが前提であることです。というのも、セルフメディケーションとはその名の通り、自己治療することになります。ですので、検診や予防接種など、自分から何かしら予防対策をしている必要があるのです。それによりかかった医療費が戻ってくるような仕組みになっています。あとは、自己治療により病院の受診を減らし、医療費の削減という目論見もあるのです。病院に行くほどでもないけど何だか調子がおかしい、という段階で検診を受けることにより、病気の重症化を防ぐことにもなり得ます。薬局のレシートは家計簿につけたら捨ててしまいがちですが、対象医薬品を購入している時は捨てずにとっておき、確定申告されることをお勧めします。

セルフメディケーション税制を理解する

この制度は割と新しいものなので、まだまだ馴染みが少なく理解されていない方も多いかと思います。 しかし理解すればするほど、医療費控除よりも身近な存在になり得る制度です。今まで医療費控除の対象になるまで金額が届かなかったけれどそれなりに医療費がかかっていた方には耳寄りな情報であると言えます。

目的は控除のためであっても、結果的に病気の予防になる

セルフメディケーション税制を受けるためには、まず定期検診などを受診することが条件です。 しかし目的が控除を受ける為であっても、定期検診を受けるということは、病気の早期発見のために非常に有効な手段と言えます。 12000円という、より現実的な控除対象金額は、定期検診の受診者増加に役立っていると思います。