メディカル控除は医療費控除より敷居が低い

メディカル控除とは、セルフメディケーション税制のこと

医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象になる医療費は、医師による診察や治療費が主なもので、その他には通院にかかった交通費などが挙げられます。
ですので、入院が必要なほどの病気や交通事故などのケガを負わなければ、そうそう控除対象になるほどの金額はいかない家庭のほうが多いのではないでしょうか。とはいえ、こういった病気やけがはいつ起こるか分かりませんので、こういう制度は知っておいた方が良いですし、対象であるならば申請したほうが良いと思います。こういった控除は住民税の軽減につながりますので、節税対策としてやっておいて損はありません。
食費や雑費などのレシートはいちいち家計簿につけるのも大変ですが、医療費に関わるレシートは最低5年は保管しておくことをお勧めします。

治療の必要性があれば控除の対象となる

保険適用外の歯の治療費は、美容目的でなければ大抵は医療費控除の対象になります。
子供の歯列矯正費用も、歯列がきれいに並ばないことで嚙み合わせなどにおいて不具合が生じるという歯科医師の判断のもとに行うのであれば、医療費控除の対象になります。
保険適用外の歯も歯列矯正も、何十万とかかるものですので、こういう治療費は申告しておかないとかなり損をします。
ただ注意するべきは、美容目的のために健康な歯を作り替えたり歯列矯正をする場合はその対象にはならないということです。治療の必要がなければただの自己満足とみなされるので補助も出ないというわけです。
確かにそこまで控除対象にしてしまうと、かなりの医療費がかかってしまうので納得です。


この記事をシェアする