メディカル控除は医療費控除より敷居が低い

セルフメディケーション税制を理解する

薬局のレシートも控除対象になる

医療費控除とセルフメディケーション税制、一見するとセルフメディケーション税制の方がお得な気もしますが実際のところどうなのでしょうか。
例えば一年間でセルフメディケーションの控除額12000円に達しなければ当然申告もしなくて良いですが、3万円程使ったのであれば、その使用内容によってはセルフメディケーション税制で申請したほうが良いでしょう。
セルフメディケーション税制の対象になるものに30000円使ったのか、使っていないのかをまず確認してください。この控除対象になるものは、医薬品になります。ですので、治療費だけで30000円かかったとしても控除は受けられません。しかしセルフメディケーション税制は、医療機関ではなくても指定医薬品であれば薬局のレシートも控除対象になります。レシート管理は大変ですが、薬局のレシートもこまめにチェックして控除を受けられるようにしておくと良いと思います。

専門家に聞く

色々と細かい決まりはありますが、この2つの控除は比較的単純ではあります。
大きく分けると、入院や交通事故などは主に医療費控除の対象になり、ちょっとしたケガや病気ならセルフメディケーション税制の対象になるということです。
とは言っても、実際病気にかかればその入院手続きや入院中の看護などで家族に負担がかかるので、とてもそんな手続きまで頭が回らない状態になると思います。入院している当人も、自分の病気やけがを治すことに精一杯でしょう。しかし高額な医療費がかかるのも事実なので、お金が戻ってくるなら一番戻りの良い道を選びたいと考えるのではないでしょうか。
そういった時は、税理士など、節税に関するプロに助言をしてもらうというのも一つの手段です。自分たちにとって、最良の道を指し示してくれることと思います。


この記事をシェアする